首にできたイボの治し方

なかなか取れない首にできたイボの治し方

なかなか取れない首にできたイボの治し方

首にできたイボがなかなか取れない!と悩んでいる人も多いことでしょう。

 

首のイボは1つ1つは小さくても、数がたくさんできることも多く、とても目立ってしまいます。

 

特に女性の場合は胸元が開いた洋服を着ることも多いので、

 

「イボが目立つから、この服はやめよう」

 

なんて好きな服が着られなくなってしまうことも。

 

流行りのファッションやおしゃれが楽しめなくなるのは、それだけでも多大なるストレスになることでしょう。

 

小さいので「すぐに取れるでしょ」と思ってしまいがちな首のイボですが、いざ気になってみると意外となかなか取れず、長い間居座っているもの。

 

そんななかなか取れない首にできたイボは、どのようにして治せばいいのでしょうか。

 

首にできたイボの治し方について、紹介していきましょう。

 

首にできたイボの自宅での治し方

なかなか取れない首にできたイボの治し方

首にできたイボの多くは、脂漏性角化症と呼ばれる老人性のイボです。

 

老人性イボは、皮膚のターンオーバーが乱れることによって起こるもので、本来ならば剥がれ落ちるはずの角質などが固まってイボとなっています。

 

このタイプのイボは、放っておいてもカラダに害を与えることはありません。

 

強いて言うなら、見た目が悪いということだけでしょう。

 

他人に移すこともないので、自宅でのケアが可能です。

 

首にできたイボの自宅での治し方@保湿をする

なかなか取れない首にできたイボの治し方

首にできる老人性イボの大半は、摩擦などによって乾燥していることも原因です。

 

特に年齢とともに皮膚の水分量は減っていくことは、みなさんもすでにご存じですよね?

 

顔などの肌トラブルの原因は、ほぼすべて乾燥が隠されているといっても過言ではありません。

 

実はイボに関しても同様で、乾燥することで老人性イボを招いてしまっていると考えることもできます。

 

しっかりと保湿をしてターンオーバーを整えることで、首にできたイボを治すことができるでしょう。

 

保湿の仕方には様々な方法がありますが、特におすすめなのがイボ専用クリームを使うこと。

 

イボ専用クリームには、ヨクイニンやハトムギエキスなどイボ治療に有効とされる成分が含まれているものも多いです。

 

もちろん保湿力も申し分ないですし、薬ではないので安心して使うことができますね。

 

毎日欠かさずケアをすることで、時間はかかりますが首にできたイボを治すことができるでしょう。

 

また、同時に紫外線対策をすることも忘れずに。

 

紫外線はイボの大敵であり、乾燥を招く要因でもあります。

 

老人性イボはメラニンも原因ですから、メラニンを作らせないようにしましょう。

 

首にできたイボの自宅での治し方Aヨクイニンを摂取する

なかなか取れない首にできたイボの治し方

イボ治療薬としても耳にすることがある、ヨクイニン。

 

ヨクイニンとはハトムギから抽出させる成分で、古くから漢方としても使われてきました。

 

市販されているヨクイニンもありますので、そちらを摂取するのもおすすめです。

 

ヨクイニンには、

  • 炎症回復
  • 皮膚の再生
  • 皮膚を柔軟化

などの働きがあり、イボのできた皮膚を柔らかくすることで、イボを取る効果が期待されています。

 

塗り薬なども市販されていますが、イボの塗り薬は首には使えないので気をつけましょう。

 

ヨクイニンの漢方は厳密には薬ではなく生薬(植物由来)なので、サプリのような感覚で飲むことができますが、念のため体調の変化には注意してくださいね。

 

首にできたイボの病院での治し方

なかなか取れない首にできたイボの治し方

首にできたイボは、病院で治すこともできます。

 

イボは皮膚科の管轄なので、皮膚科へ行きましょう。

 

特に自宅での治し方をいくら実践しても一向にイボがなくならない、むしろ増えてきたようなときには、皮膚科へ行くことをおすすめします。

 

なぜなら、老人性イボだと思っていたあなたの首のイボは、もしかしたらウイルス性のイボかもしれないからです。

 

ウイルス性のイボの場合、イボの原因はウイルス感染なので、しっかりとウイルスを排除しなければ治すことはできません。

 

なかなか取れないなぁと思ったら、一度皮膚科へ足を運んでみるこのも検討してみましょう。

 

首にできたイボの病院での治し方@はさみやピンセットで取る

なかなか取れない首にできたイボの治し方

首にできるイボは比較的小さいものが多いので、医師がはさみやピンセットで取り除くことがあります。

 

痛そうな気がしますが、適切な処置として行われますので安心してください。

 

小さいイボであるなら、この方法ですぐに治すことができますよ。

 

首にできたイボの病院での治し方A液体窒素

なかなか取れない首にできたイボの治し方

病院でのイボ治療としてもっともポピュラーに行われているのが、液体窒素による凍結治療。

 

液体窒素を直接イボに当てることで組織を壊死させ、新しい皮膚を作ることでイボを治します。

 

顔への使用はできませんが、首なら液体窒素を使用することが可能。

 

数日経つと水ぶくれやかさぶたができることがありますが、決して触らずに自然に剥がれるのを待ちましょう。

 

首にできたイボの病院での治し方Bレーザー

なかなか取れない首にできたイボの治し方

液体窒素よりも早くキレイにイボを取りたい人におすすめなのが、炭酸ガスによるレーザー治療。

 

自費治療になりますが、1〜2回の通院で治療が完了しますので、早く首のイボを治したいという人にはもっともおすすめの方法といえるでしょう。

 

レーザーを行えばすぐにイボは取れるので、「なかなか取れない」と悩んでいるのなら、病院でレーザーを受けたいと相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

首にできたイボの治し方:まとめ

なかなか取れない首にできたイボの治し方

首にできるイボは意外と厄介で、なかなか治らないと悩んでいる人も少なくありません。

 

放っておいても治るものばかりではない首イボは、適切な処置で治していきましょう。

 

自宅でのケア、病院での治療と首イボの治し方はたくさんあります。

 

自分に合った治し方を見つけると同時に、自分の首イボにふさわしい治し方を見つけていけるといいですね。

 

 

「顔・首イボなどの原因と治す方法5選」に戻る

 

 

口コミや効果で人気のイボジェルクリームの紹介

page top