イボが出来る原因

イボが出来る原因を「5個」簡単に教えます

イボが出来る原因は多岐に渡ります。

 

しかも部位別に対処法が違うので「結局何を参考にしたらよいのかわからない!」と思っているでしょう。

 

ここでは、顔、首、手、鼻、耳の部位別に簡単に対策や治す方法をお伝えします。

 

もっと詳しく知りたい人の為に、さらに詳しく解説したページも用意しているので参考になさって下さい。

 

それでは、まずは顔イボが出来る原因から進めていきましょう。

 

 

顔イボができる原因

イボが出来る原因を部位別に「5個」まとめました

顔イボの原因は、ヒトパピローマウイルスの感染によるウイルス性の「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」と、加齢による「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」の2種類があります。

 

扁平疣贅は引っ掻き傷など、小さな傷からヒトパピローマウイルスが入り込むことで感染。

 

平らでわずかに盛り上がり、ザラザラしていること以外は特に自覚症状はありません。

 

老人性疣贅は紫外線の影響やターンオーバーの乱れによって、古い角質が固まってできたもの。

 

こちらも平べったい盛り上がりですが、色が黒や濃い茶色など目立つことが特徴。

 

どちらも皮膚が盛り上がっているため、メイクでカバーすることは難しいです。

 

首イボができる原因

イボが出来る原因を部位別に「5個」まとめました

首は、全身の中でもイボができやすい部位。

 

それは皮膚が薄く、様々な刺激を受けやすいためだと考えられています。

 

首イボができる原因は1つではありません。

 

加齢、摩擦、紫外線、肥満、ウイルス…。

 

現在考えられているだけで、首イボができる原因はこんなにもたくさんあるのです。

 

首イボの場合、多いのはターンオーバーが乱れることでできる老人性疣贅なので、なんらかの原因でターンオーバーが乱れてしまっていることが考えられます。

 

もちろん老人性疣贅ではなく、ウイルス性の可能性もありますので「首イボ=老人性」と安易に考えてはいけません。

 

それぞれの詳しい原因や「なぜ○○で首イボができるの?」と不思議に感じた方は、こちらを読み進めてみてくださいね。

 

手にイボができる原因

イボが出来る原因を部位別に「5個」まとめました

手にイボができる主な原因は、ヒトパピローマウイルスによるものです。

 

免疫が低下しているとき、ヒトパピローマウイルスが傷口から入り込んで感染し、イボを作ってしまいます。

 

手先はささくれなどの小さな傷も多く、あまり意識していない傷口から感染してしまうので要注意。

 

ヒトパピローマウイルスが表皮の基底細胞に感染し、イボを作ります。

 

鼻イボができる原因

イボが出来る原因を部位別に「5個」まとめました

部位によっては鼻くそのように見えてしまう鼻イボは、肌の老化、もしくはウイルス感染によって発生します。

 

肌の老化が原因の場合は、放っておいても特に問題はありません。

 

ただし肌の老化というのは、今鼻イボができている部分に限ってのことではありません。

 

つまり、他の部位にもイボができる可能性があるということ。

 

鼻にイボが増えてしまったら、見た目的にはかなり恥ずかしいですよね。

 

また、鼻の周りのウブ毛をカミソリで処理しているという人は要注意。

 

カミソリは目には見えないような小さな傷を作ってしまい、そこからウイルスが入り込んでしまう恐れがあります。

 

耳の中や外にできるイボの原因

イボが出来る原因を部位別に「5個」まとめました

耳の中や外にできるイボは、他のイボとは少し違います。

 

もちろん他のイボと同じ「ウイルス」「肌の老化」が原因のこともありますが、耳のイボはそれ以外の原因もあるんですよ。

 

ぷくっと膨らんでいたり、触るとボコッとしていたり。

 

気になって爪で引っ掻いてしまうと、とても痛いこともあります。

 

基本的には放っておいても問題ないものが多いのですが、中には放っておくと慢性化したり、一時的な難聴を伴うこともあるので気を付けてください。

 

page top