液体窒素でのイボの治し方

液体窒素で取れる?気になる最新のイボの治し方

液体窒素で取れる?気になる最新のイボの治し方

イボを治す方法は、1つではありません。

 

たくさんの方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

 

皮膚科でイボを治そうと思ったとき、まず始めに提案されるのが液体窒素による治療でしょう。

 

液体窒素でイボを取るのは、イボ治療としてはかなりポピュラーなもの。

 

こちらから「○○で治療をしてほしい」と言わない限り、液体窒素での治療から始めることが普通です。

 

しかしなぜ、液体窒素でイボを取ることができるのでしょうか。

 

ここでは、液体窒素でのイボ治療について、詳しく見ていきたいと思います。

 

液体窒素でイボが取れる仕組みや治療の経過、費用など、みなさんの「気になる!」を解決していきましょう。

 

液体窒素でイボが取れる仕組みとは

液体窒素で取れる?気になる最新のイボの治し方

液体窒素によるイボ治療は、凍結療法(とうけつりょうほう)もしくは冷凍凝固療法(れいとうぎょうこりょうほう)と呼ばれています。

 

−196℃にも相当する液体窒素を当てて皮膚をヤケドさせ、イボを治していくのです。

 

子どもの頃、理科の実験で液体窒素に浸した花が一瞬で凍り、パリパリに割れたのを見たことがありませんか?

 

液体窒素はマイナス196℃に相当するわけですから、一瞬で凍るのは当たり前です。

 

過去にそういう実験を見たことがあると、

 

「あんなものを皮膚に当てて大丈夫なの?」

 

「危険なのでは?」

 

と思うかもしれませんね。

 

確かに素人が液体窒素を扱うのは大変危険ですが、皮膚科医はプロですので安心して任せましょう。

 

なぜ液体窒素でイボが取れるのか?ということですが、それはずばり、液体窒素によって皮膚を壊死させることができるから。

 

マイナス196℃という超低温で急激に冷やすことで、当然ながら皮膚は低温ヤケドを起こします。

 

液体窒素をイボに当てて異常組織を壊死させ、新しい皮膚の再生を促すことでイボをなくしていくわけです。

 

何もしなければそのまま「イボの組織」として定着していたものを、液体窒素によって半ば強引に別の皮膚に変えていくということ。

 

ウイルス性のイボであっても、ウイルスに感染された組織をすべて壊死させることができれば、イボを治すことができますよね。

 

ただし、むりやり新しい皮膚を作るわけですから、内出血や水ぶくれ、血豆などができることもあります。

 

また、低温ヤケドによるヒリヒリとした痛みもありますので、治療には痛みも伴うことを忘れずに。

 

液体窒素によるイボ取りの流れ

液体窒素で取れる?気になる最新のイボの治し方

液体窒素によるイボ取りは、難しいことは何もありません。

 

綿棒などに液体窒素を染み込ませ、イボに直接当てるだけで完了。

 

イボの数や大きさにもよりますが、5分もあれば終わってしまうでしょう。

 

薬剤を塗布するわけではないので、液体窒素治療後のプールやお風呂も問題なし。

 

みなさん勘違いしていることも多いのですが、液体窒素によるイボ取りは一度で終わることはありません。

 

一度液体窒素を当てただけでイボが取れることはなく、少なくとも3回〜4回は治療を続けなくてはならないでしょう。

 

治療のペースはイボの状態やクリニックの方針などにもよりますが、だいたい1週間〜10日に一度ほど。

 

このペースで通って液体窒素を当て続けることで、次第にイボがなくなっていきます。

 

先ほどもお話ししたように、液体窒素を当てるとその部位は低温ヤケドによって組織が壊死します。

 

それによって水ぶくれやカサブタができることがありますが、これらを触ってはいけません。

 

特にウイルス性のイボ治療中であるなら、尚更です。

 

水ぶくれやカサブタにもウイルスが含まれている可能性がありますから、もしも触ってしまうとそこからまたウイルスが感染し、新たなイボを作ってしまうこともあるのです。

 

水ぶくれなどができると気になってしまいますが、できるだけ触らないようにしましょう。

 

もしも気づかないうちにつぶれてしまった場合は、ガーゼなどで保護しておいてください。

 

カサブタが取れて新しい皮膚ができたとき、イボがなくなっていれば治療は終了。

 

言い換えれば、新しい皮膚になったときにイボができなくなるまで治療を続けるということです。

 

液体窒素によるイボ取りの疑問点

液体窒素で取れる?気になる最新のイボの治し方

液体窒素でイボを取ることに関して、みなさんの「気になる!」をまとめてみました。

 

〈液体窒素によるイボ取りの費用について〉
液体窒素によるイボ取りは、健康保険が適用されます。

 

そのため治療費が高額になることはなく、3割負担で済むのは安心ですね。

 

イボが10個未満なら750円、10個以上なら4,000円です。

 

10個をボーダーに費用が一気に高くなるため、たくさんイボがある人は10個未満を複数に分けて治療することもあります。

 

どんなイボでも取れるのか

液体窒素で取れる?気になる最新のイボの治し方

液体窒素によるイボ取りは、ウイルス性、老人性どちらにも有効です。

 

しかしイボができてから長期間経過していたり、指先や足の裏などにできる難治性イボの場合は液体窒素では効果が出ないことも。

 

また、あまりにも小さいイボもうまく液体窒素が当てられず、治らないこともあります。

 

液体窒素が効かない場合には別の方法で治療することになりますので、トラブル防止のためにも医師にきちんと確認しておくといいでしょう。

 

液体窒素でのイボの治し方:まとめ

液体窒素で取れる?気になる最新のイボの治し方

皮膚科での最もオーソドックスなイボの治し方でもある、液体窒素について紹介しました。

 

液体窒素によるイボ取りは多くの皮膚科で行われており、特別なことではありません。

 

保険適用なので治療費について心配する必要もなく、治療時間も短いので忙しい人でも実施しやすいです。

 

ただし通院回数や完治までの期間は必要であること、痛みがあることなどはきちんと理解しておきましょう。

 

早い人なら1〜2ヶ月ほどでイボが取れることもありますが、1年以上かかることもあります。

 

すべてのイボが液体窒素で取れるわけではありませんが、まずは液体窒素での治療を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

「顔・首イボなどの原因と治す方法5選」に戻る

 

 

口コミや効果で人気のイボジェルクリームの紹介

page top