イボを治す方法と対策

イボを治す方法と対策!部位別に5つ紹介します

イボを治す方法,対策

私たちの見た目に悪影響を与えてしまう、イボ。

 

イボはカラダの至るところにできる可能性がありますが、特に気になるのは「手、鼻、耳、顔、首」などの、人目につくところ、目立つところにできるイボではないでしょうか。

 

誰かと会うとき、話すときにイボがあると、ついイボのことばかりが気になってしまいます。

 

「もしかして私のイボを見ている?」

 

なんて自意識過剰になってしまい、他人とのコミュニケーションに消極的になってしまうことも。

 

そんな目立つイボは、いますぐ何とかしたい!と思いますよね。

 

ここでは、それぞれのイボの対策と治す方法についてまとめました。

 

「もっと詳しく知りたい!」という人は、それぞれのページをチェックしてみてくださいね♪

 

▼只今、キャンペーン中!▼

イボを治す方法,対策

 

 

顔イボを治す方法と対策

イボを治す方法を「5個」の部位別にまとめました結果、やるべき対策がわかった

顔イボを治す方法は、大きく分けると2つあります。

 

それは、

 

「皮膚科へ行く」

 

「セルフケア」

 

をする」こと。

 

ウイルス性のイボである場合は、必ず皮膚科へ行ってください。

 

セルフケアでウイルスを完全に排除することはできません。

 

放置すると、感染範囲が広がってイボを増やしてしまう恐れがあります。

 

セルフケアでは、市販薬の使用やイボ専用クリームでのケアがおすすめ。

 

特に老人性疣贅の場合は、イボ専用クリームでのケアがいいでしょう。

 

スキンケアをするような感覚で、手軽にイボを治すことができますよ!

 

皮膚科での顔イボに対する具体的な治療内容やセルフケアについて知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

 

もっと詳しく知りたい!はコチラ

 

目次に戻る

 

首イボを治す方法と対策

イボを治す方法を「5個」の部位別にまとめました結果、やるべき対策がわかった

首イボを治すには、まずは首イボの原因を突き止めることから始めましょう。

 

原因によって、治し方は変わります。

 

具体的な方法としては、

  • 保湿をする
  • 紫外線対策をする
  • 皮膚科へ行く

など。

 

首イボは老人性疣贅であることが多いですから、保湿をしてターンオーバーを整えることが有効です。

 

保湿の方法には様々なものがありますが、おすすめはイボ専用クリームでのケア。

 

薬よりも安全に使えるクリームなので、手軽に使うことができますね。

 

しかし首イボはなかなか治らないこともありますし、自分でのケアでは追い付かないほど、大量にできてしまうこともあります。

 

ボツボツとたくさん首イボができてしまうと、とてもじゃありませんが堂々と肌を見せることはできません。

 

たくさんできてしまった首イボを治すには、こちらの方法もおすすめです。

 

もっと詳しく知りたい!はコチラ

 

目次に戻る

 

手イボを治す方法と対策

イボを治す方法を「5個」の部位別にまとめました結果、やるべき対策がわかった

手にできるイボはウイルスによるものなので、皮膚科で治療をする必要があります。

 

自宅でのセルフケアをいくら続けても、手のイボを治すことはできません。

 

手のイボはタコと間違えることも多いのですが、イボとタコは違うもの。

 

しっかりと見分けてください。

 

手にできるイボは、1つだけのこともあればたくさんできることもあります。

 

指先にできると目立つので、気になって触ってしまいますが、イボは触らないことが鉄則。

 

特にウイルス性のイボを触ると、触ったところにある傷口からウイルスが入り込み、さらにイボの範囲を広げることにもなりかねません。

 

また、ウイルス性のイボは、通常ならば痛みを伴うことはありません。

 

痛みもかゆみもないので、目に見えるところでなければ気がつかないことも多いもの。

 

しかし手にできるイボは、ときに痛みを伴うこともあります。

 

痛みのあるイボやたくさんイボができたとき、また、透明なイボができたときの正しい対処法や治し方については、こちらをご覧ください。

 

こちらの記事では、手のイボの芯を完全に取り除く必要性や、そのやり方についても紹介していますよ!

 

手のイボは非常に厄介なので、正しい方法で治すことが大切です。

 

もっと詳しく知りたい!はコチラ

 

目次に戻る

 

鼻イボを治す方法と対策

イボを治す方法を「5個」の部位別にまとめました結果、やるべき対策がわかった

鼻イボは、どのようにして治せばいいのでしょうか。

 

それは原因にもよりますが、人気なのは皮膚科でレーザー治療をすることです。

 

基本的に、顔への液体窒素治療は行わないため、皮膚科での治療はレーザー治療になります。

 

もしくは、内服薬などでの治療になるでしょう。

 

もちろん肌の老化が原因の鼻イボであれば、自宅で治すことも可能です。

 

むしろ鼻イボをしっかりと治すためには、自宅で行う「あること」もとっても重要。

 

ここを治さないと、たとえ今ある鼻イボが治ったとしても、また繰り返してしまうのは目に見えています。

 

今できている鼻イボを治すだけでは、根本的な解決とは言えません。

 

鼻イボをきちんと治すためには、「あること」もしっかりと実践してくださいね。

 

もっと詳しく知りたい!はコチラ

 

目次に戻る

 

耳イボを治す方法と対策

イボを治す方法を「5個」の部位別にまとめました結果、やるべき対策がわかった

耳の中や外にできるイボは、イボではなく病気である可能性もあるので、まずは耳鼻科へ行くことをおすすめします。

 

イボは皮膚科の管轄ですが、耳の中にイボができているときは念のため耳鼻科へ行ってください。

 

イボが耳の病気ではないと分かれば、皮膚科へ行くように勧められるでしょう。

 

耳は意外と目立つパーツなので、きれいに治したいものですね。

 

病院へ行かなくても耳にできたイボを治す方法も、もちろんあります。

 

病院へ行く時間がないという人からすると、自宅で治せるってかなり魅力的ですよね?

 

耳の中や外にできたイボを治し、なおかつ繰り返さないようにするためには、自宅できちんとケアをすることが大切。

 

特に肌の老化によってできるイボの場合、今のままの生活やスキンケアをしていると、どんどんイボが増えてしまうかもしれません。

 

耳のイボを増やさないためのポイントが知りたい!という人は、ぜひコチラの記事を読んでみてくださいね!

 

もっと詳しく知りたい!はコチラ

 

目次に戻る

 

イボのまとめ

イボを治す方法を「5個」の部位別にまとめました結果、やるべき対策がわかった

手、鼻、耳、顔、首にできるイボはとても目立つので、一刻も早く何とかしたい、治したいと思うもの。

 

それぞれ同じように見えるイボでも、原因が違うこともあります。

 

原因が違えば、当然治す方法も違いますよね?

 

間違ったケアをいくら続けていても、イボを治すことはできません。

 

あなたを悩ませているイボは、どの部位にできているイボですか?

 

部位によって原因や治し方は違いますので、自分のイボがどこにできているのかによって、それぞれのページを読み進めてみてください。

 

あなたのイボを治す手助けができればうれしいですね♪

 

目次に戻る

page top